みなさんはもう、足を運びましたか⁇

企画製版です。
朝晩の冷え込みから始まり、ここの所は日中も突き刺すような寒さを感じる今日この頃。
みなさんも本格的に寒さに向けての対策を始めたと思います。
寒くなると家に引きこもる。
引きこもることにより趣味が捗る。
私は絵を描く趣味があるから、久しぶりにペンと筆を動かそうかと企んでいます。
芸術が好きで現代アートが好きな為、今回はそのような記事を書こうと思います。
ここ数年話題になっている瀬戸内国際芸術祭。

setouchi-triennale-2016

みなさんはもう、足を運びましたか⁇
私は5年程前に初めて直島に行き、アートの奥深さを知りました。
それから芸術祭が始まると、無意識に島に出向き、黙々と作品を嗜み感銘をうける。
直島から始まり豊島、女木島、男木島、犬島etc…と
瀬戸内海の島々にある沢山のアート作品を鑑賞して自分の感性を高め、今までのライフスタイルや創造性を覆すような一種の出逢いを感じています。
折角素敵なビジョンがそこにあるのに行かないのは勿体無い。
この記事を読んだみなさんに是非足を運んで貰いたいと心から思います。
先ずは直島から。
島の風土。
小さな町に隠れた独創的なアート。
世界的に評価された芸術作品。
それらがこの島に詰まっています*
その中でも、私が大好きなアーティストは
直島銭湯 I♥湯の作者
大竹伸朗

%e7%9b%b4%e5%b3%b6%e9%8a%ad%e6%b9%af

彼は現在、愛媛の宇和島に移住し作品を作ってる方です。
一言でいうと、アバンギャルド。
先進的で女性的な作品を作る方です。
直島の家プロジェクトという企画内にも伸朗氏の作品があり、それも目を惹かれます。
もし直島を訪れる事があれば、島内の作品を見終わった後、この銭湯で汗を流しながら新たな芸術と接触してみてはと。
そこで楽しいと感じた方は是非!他の島々にも行って貰いたい。
今まで生きてきた上での常識を覆す様なソレがこの島々にあるから!!!!

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す