Browse Month

10月 2018

京のかたな 刀剣乱舞コラボ 三日月宗近の里帰り

10月28日、京都国立博物館・京のかたな展を観に行ってきました。

刀剣乱舞(ゲーム)コラボ展示も行われており、今話題の刀剣女子がいっぱい。

刀剣おじさま方もちらほら、カップル・家族連れもちらほらという感じの客層です。

 

 

コラボ展示の明治古都館では、刀剣乱舞ゲームキャラ(刀剣男士)のパネルのほか、

イラストレーターさんの描きおろしイラストが展示されているのがファンにはうれしいところ。

ちなみに右は国宝・三日月宗近のキャラクター。本展でも一番の目玉です。

 

 

来館者がさきごろ10万人を突破したという人気の展覧会ですので、日曜ともなるととにかく混んでいます!

京都国立博物館のTwitterで混雑状況がわかりますので、見ていただくとよいのですが、ここで注意。

入館までの時間と、館内での待ち時間は別です!

目玉の三日月宗近を”最前列”で見ようと思うとけっこうな待ち時間が発生します(私のときで40分近く…)

 

それでもガラスケースをぐるっと一周しながらかぶりつきでみられる機会はめったにないのでおススメ。

所蔵館であるトーハクこと東京国立博物館よりも至近距離で見ることができました。

その名の由来となった三日月を思わせるうちのけも、

スッと細身でしなやかにしなる刀身も本当に美しい!

ため息をつきつつ、心中では「滾るぅぅ」と興奮してました😍

(三日月宗近は国宝で、”天下五剣”の中でも特に美しいといわれています。

京の三条派の作で刀剣の歴史の中では古い部類。

今回は所蔵されているトーハクから京都博物館へいわば里帰りということにもなります)

 

ほかにも、源氏の重宝とうたわれる髭切・膝丸(名前の由来はその切れ味から)が隣同士で展示される

貴重な機会がちょうどこの10月28日まで(前期展示)でしたので、

これもにもかぶりついてきました(…長時間並びました)。

 

壮観というほかない200口に迫る刀剣の数々と、それにまつわる展示の数々は、観覧時間が足りません。

午後から閉館までたっぷり3時間半費やして、気づけば外は夜…

 

刀にいろいろないわれや伝承があり、時の武将や武士たちとの縁や因縁があるということを

ゲームを通じて少しだけ知ることができて、ちょっと興味の幅が広がったことを刀剣乱舞には感謝しています。

何しろ根っからの歴史音痴で、今川義元?…聞いたことはあるんですが…くらいの人間なので😅

 

京のかたな展、展示順路は3F→1Fとなっていますが、

目当ての刀がある方は、順路を少々無視しても先に見に行ったほうがいいかと思います。

列の待ち時間を見て空いているところに回る。混雑時はその方が要領よく見られます。

 

ちなみに館内貸し出しの音声ガイドにも刀剣乱舞コラボ版があり、

ゲームでも声を当てている声優さんが参加しています(借りました😊)。

通常の伊武雅刀さんバージョンもあります。

 

会期は11月25日(日)まで。後期展示が始まっています。

【ブログ世話役:南條】

LINEで送る
Pocket

増えました

実家で猫を3匹飼っているのですが…

また1匹増えました。

と言っても、怪我をしていた野良猫を保護したというものですが。

数週間前から足が悪く、今は手術もして状態は良くなっている感じです。

ただ、今でも警戒しているのか威嚇はされます(笑)

あとニオイがスゴイです、はい。

怪我が治ったらいずれは野良に帰す予定ですが、どうなっていくかはとりあえずは様子見です。

 

【仕上出荷部:井出】

LINEで送る
Pocket

秋の砥部焼窯出し市に行ってきました

春・秋の恒例、庶民の味方(?)砥部焼の窯出し市に行ってまいりました。

場所は砥部焼陶芸館。普段から約30の窯元の商品を扱っていて、窯出し市では約40ほどが出品しているそうです。

ちなみに窯元案内のパンフを見たら80もの窯元さんが紹介されていて、その数にびっくりしました。

 

砥部焼は、ぽってりした白磁に藍色の呉須染めが伝統的な技法で、生活の中に溶け込む器として愛されています。

つるんとした手触りと丸みのあるフォルムの温かみが個人的にもお気に入りで、しかも磁器なのでとても丈夫。

少々重いところが悩ましいのですが、飯碗が割れたときに、次は絶対砥部焼にしようと決めてこの時を待っていました。

 

で、収穫が下記の品々。

湯呑2、そばちょこ2、大き目飯碗2、中鉢2 という購入ラインナップ(家族人員2名)。

右下にある湯呑の「唐草文」が典型的な柄ですが、この湯呑、下の茶色の刷毛目が珍しくて気に入っています。

 

購入半分以上は窯出し市なのですが、ほかにネットで見かけて気になっていた窯元さん(梅山窯さん)も訪ねて購入しています。

さらに、その帰り道に立ち寄ったウメノ青興陶園さんで砥部焼のお話をいろいろ聞かせていただいたうえ、

キズ物なので、とお安くなっていたこちら↓も購入。

こちらは磁器ではなく陶器ですが、ウメノさんで取り扱っている「もぐらの窯」さんの作品。

大きくて存在感があるけどやさしい水玉です。

(ちなみにミカンは無人販売所で100円×2袋 おいしかったです)

というわけで、充実した砥部焼巡りでした。

 

ちなみに11月3日~4日には「砥部焼祭まつり」が行われます。

窯元さんの即売のほかいろいろなイベントもあるようですので、ご興味のあるかたはぜひ!

 

【ブログ世話役:南條】

※ちなみに夏に長野に帰省したときに入った和食屋さんのどんぶりが砥部焼でうれしくなりました。

そして今回発覚したのですが、高校生の時に友人がプレゼントしてくれて長年大事にしていたコーヒーカップが砥部焼でした!

(同種の商品を見つけて初めて気づいた💦 さすがに長持ちです、砥部焼)

 

LINEで送る
Pocket

観月会・お寺でライブ

 

10月7日 、今治市朝倉の光蔵寺さんで、おてライブ(お寺でライブ)が開催されました。

出演は「しまなみネーニーズ」の4名。秋の月夜に 沖縄っぽい演奏と歌声が流れました。

 

【印刷部:越智】

 

LINEで送る
Pocket

10月スタート

今日(9/30)はせっかくの休みになのに

台風24号のため

どこにも行けず

家に引きこもり…

 

買い物行くために

外に出ると

 

蒼社川が大変なことに!

この川が氾濫すると

どうなるんだろう?

と考えるとゾッとしました。

 

 

帰ってからは、晩御飯のために

黒胡椒たっぷりシチューを作り

 

 

 

 

大好きな韓国ドラマを

見て過ごしました

 

今見ているのは

同じ製版の近藤さんから教えてもらった

『ショッピング王ルイ』です

 

なかなか面白い(*´罒`*)

早く続きが見たいです♡笑

 

もう1つオススメは

 

『彼女はキレイだった』

これはかなり面白かったです∩( ´∀`)∩

ちなみにこれも

近藤さんに勧められたやつ笑

 

まだまだ他にもオススメの

韓国ドラマいっぱいあるので

また次の機会に☆

 

台風も無事に去り

空は快晴で気持ちいい

10月のスタートです(o^^o)

 

【企画製版:岩森】

LINEで送る
Pocket